ドアのトラブル

玄関ドアも長年開けたり閉めたりしているとガタがきます。また、地震が原因で玄関ドアが開きにくくなってしまいます。そこで玄関ドアのリフォームを行う場合どのような人たちに頼めばいいでしょうか。 玄関ドアのリフォームには、まずハウスメーカーがあります。ハウスメーカーの良いところはリフォーム経験が豊富だという点です。また全国展開しているメーカーであれば、悪質なところはほとんどないので安心して頼める点です。ただし、ハウスメーカーの社員が直接リフォームすることはあまりなく、下請け業者に頼むため、出来栄えがその下請け業者に左右されてしまうのです。 もう一つは工務店にリフォームをお願いするという方法があります。工務店は割とこちらの要望を良く聞いてくれますが、ハウスメーカーのように幅広い仕事はできないことがあります。

玄関ドアも時代と共に進化していきます。昔は引き戸ではなく、障子を開けるように横にスライドさせて開けるタイプが多かったのです。鍵があるとしてもやや心もとない鍵でした。 それからは引き戸が一般化しますが、引き戸の中でもデザインと鍵は進化しています。デザインは暖かい木目のデザインやちょっと大人な感じのダークブラウンのドア、西洋風のドアなど様々なものがあります。 鍵はそれ以上に進化しており、普通の鍵では防犯上効果が薄いことから、玄関のドアにもカードキーや暗証番号式のキー、遠隔操作が可能なスマートキー、そして指紋認証型の鍵や顔認証型の鍵までとても種類が豊富です。もちろん複雑な作りほど値段も高くなっています。